2018年08月21日

CA FN SPR A5M 4号機 Gas仕様化



トリガーガードはオーソドックスにタナカM700用を無加工でストックにセットできるようストック側を加工します。
アウターバレルはバレルハウジングごとショートアウターバレルに付け替え。
アウターバレルはフルフローティング状態になるためバレル中央下面にセットしてあるバレルアダプターは取り外します。

【ストック下面の加工】

トリガーガードをセットするための開口部位置の確認後に開削加工を行います。
黄色部分が開削部分になります。
ストック下面にトリガーガードがセットできれば後はストック内側の加工のみ。

カートリッジマガジン用の開口部、マガジンキャッチボタン穴、チャンバーブロックとの連結固定用ねじ穴、フロントアンダーマウントベースの穴っぽこをABS板とパテを使って全部塞いでしまいます。(表面を完全にフラット化!)


今回、トリガーガードはストックに完全に接着固定してしまいます。
取り外し仕様にするとストック側の加工がちと面倒っこいので。





Posted by 隠居親父 hirosightjp at 11:04│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。