2018年08月19日

CA FN SPR A5M 3号機 細部加工


・・・▲・・・

トリガーユニット上部の側面が凹の上部から5mm高ほど見えていたので見えないようにABS板とパテで加工を。
(純正トリガーユニットは黒染めされていないのでボルトハンドルを上げると目立ちます。)
ここを塞いでおかないとゴミ等が入り込みやすいのでその防止策も兼ねて。

レシーバーとの隙間0.5mm位かな?
レシーバーを「真っ直ぐストックに垂直にセット」すれば接触しません。
また、ボルトハンドルの下側(内側)も凹部には接触しません。
・・・▲・・・
VSRのストックも同じように隙間が開いてトリガーユニット上部の側面が5mm高ほど見えているはずです。
ボルトハンドルを上げたら気づきます。
トリガーユニットが黒染めされているので目立たないだけ。






Posted by 隠居親父 hirosightjp at 22:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。