2018年08月19日

CA FN SPR A5M 3号機 細部加工(トリガーガード)


単体で並べてある上段のがCA FN SPR A5M用純正トリガーガード、側面に型紙を仮貼りしています。
その下のがVSR純正トリガーガード。
その下のレシーバー組みのはストック下面の加工(組み込めるような形状に開削加工を要す。)と、トリガーガード前部の受け部の増設加工を行えばセットできるようになっているやつです。
ダミーマガジン仕様とはトリガーガード全体の外枠形状が微妙に異なるのでストックの共用ができません。

銃にセットしているトリガーガードはVSR用を元に部分加工したものでガード形状が純正仕様とちょい変えているタイプ。
違いが解るかな?
ストック側を加工せずに、トリガーガードの後方の形状を加工してピッタリと組めるようにしました。
・・・・・・・・・・・








Posted by 隠居親父 hirosightjp at 21:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。