2018年08月19日

CA FN SPR A5M 3号機 細部加工


トリガーガードの後部側、真鍮製のピラーパイプを埋め込んでベンディングを。
ストック前部のアンダーマウントベースをとっ外して穴をパテ埋め。

トリガーガードの前部用のピラーパイプも新設します。
純正仕様の位置より前方に固定位置を変更。
これはダミーマガジン仕様化前提のため。
純正位置にストックとレシーバー連結用のねじがあるとダミーマガジンがセットできないため。

ストック内側もダミーマガジン仕様前提でベンディングを行います。




・・・・・・・・・・
作例はVSR純正トリガーガード仕様の場合のベンディング。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
トリガーガードの前後のレシーバーとの連結固定用ねじはM5×35mmの六角穴付きねじに変更。
もちろん沈頭仕様に。





Posted by 隠居親父 hirosightjp at 17:59│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。