2018年08月19日

CA FN SPR A5M 3号機 スコープマウントベース



・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

VSR用トリガーガードをセットできるようにストック側を加工します。

レシーバー前部のアウターバレル後部にリコイルラグもどきを再現する場合、必ずリコイルラグもどき部分のストックの内側を削って加工しておくこと。
でないとレシーバーがストックにピッタリと納まりません。





Posted by 隠居親父 hirosightjp at 16:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。