2017年11月15日

試作中~ブラキャスト製リコイルラグもどき


マスキングテープまきまき固めて仕様を進化?させて・・・
これがマスキングテープまきまき固めて仕様。


リコイルラグもどきをブラキャストを使って量産~!?

まず元型を造りシリコンで型取り→型にプラキャストを流し込んで元型のコピーを。
コピーしたリコイルラグもどきをアウターバレル後方から前方に向かってつんつくつん・・・所定の位置で下面中央に開けたねじ穴にねじをセットしてアウターバレルに固定するだけ。


元型の精度と、レシーバー前方R部分の切断部の垂直精度が重要なポイントです。


・リコイルラグもどきの外径・・・レシーバーの外径よりちょい小さ目に。(マルイM40A5かVFCのM40A5用のレシーバーを実測しどちらかを採用)
・リコイルラグもどきの内径・・・アウターバレル後部のねじが切られ始めている部分のちょい前方のアウターバレルの直径よりほんの僅かに大きいだけの径。


・リコイルラグもどきの前後長・・・レシーバー前方R部分の切断長ジャストを基本にして、私の場合はこれまで作った6mm幅の関係から6mmにするかどうか検討中。

★独り言です。
カスタムパーツメーカーさん、どうせ削りだしでVSR用のカスタムレシーバーを造るなら、レシーバー先端部のR形状は止めてリコイルラグもどきの段差加工をしたやつを製品化してくれないかなぁ。

ActionArmy マルイ/VSRシリーズ ワンピースアッパーレシーバー 5,680

実は国内の某・・・を通じてレシーバー先端部がR状ではない仕様の製品化を提案させて頂いています。






Posted by 隠居親父 hirosightjp at 00:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。