2018年06月22日

サドルピース仕様~!

ASG McMillian Sportline M40A3改 2号機

ASG McMillian Sportline M40A3改 4号機

・・・・・
マルイM40A5改 


  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 11:12Comments(0)

2018年06月22日

ASG ManeMillian Sportline M40A3改 4号機 その10


トリガーガードのガード部分の製作が済めば塗装(トリガーガードとストック)して完成です。
ガード部分の形状はまだ最終確定に至らず。  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 09:41Comments(0)

2018年06月21日

マルイM40A5 サドルピース&チークピース 2Way


左側のチークピーススクリューとチークピースを外し、サドルピーススクリューをストック右側にセット。
たまに気分を変えて・・・

サドルピース固定用のサドルピーススクリューを差し込む穴っぽこはチークピース仕様の時は隠れる位置に。

マルイM40A5用ストック、後部の内部にはパーツ展開図には記載されていない複雑?な金属製の構造材がセットされていました。
ストック製造時、左右のストックを接着合体させる時に金属製の構造材が組み入れられたと思われます。

チークピースインナーフレーム、取り外そうとしても左右のストックを接着合体させる時に組み込まれているようで外せません。
・・・・・・
今回、サドルピースの高さを抑え気味にしておいてぎりぎりセーフでした。
もう少し高くしていたらチークピースインナーフレームを左右から挟み込んでいる金属製の構造材にモロに干渉するところでした。  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 05:29Comments(0)

2018年06月21日

ASG ManeMillian Sportline M40A3改 4号機 その9


トリガーガード前部の固定用ねじ(ダミー)も沈頭仕様化。

微妙~にセンターがズレてました。
修正しま~す。

サドルピースはこの高さを標準としました。

・・・・

  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 01:03Comments(0)

2018年06月21日

サドルピース仕様


  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 00:56Comments(0)

2018年06月20日

サドルピーススクリュー


手前が4号機、奥が2号機。

★マルイM40A5 チークピーススクリュー 外径18mmXネジM5半ねじ


4号機



~~~~~~~~~~~~~~~
2号機ではサドルピースの支柱板固定は右側前後2箇所、左側1箇所の計3箇所で。

セットしているサドルピーススクリューはASG McMillian Sportline M40A3用。  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 22:33Comments(0)

2018年06月20日

ASG ManeMillian Sportline M40A3改 4号機 その8


今日の作業は▼からスタート!
・右側ストックの内側に油粘土充填と補強箇所への金属バテの追加加工。
・トリガーユニットの底が納まるストック内側の底部分の補強整形加工。
・トリガーガード後部、レシーバーとの連結部のピラー固定と左ストック下側底面周りの補強整形加工。
・左右ストック接着固定。
グリップの付け根前部からトリガーガードのマガジン挿入開口部まで新造に近い状態。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ダミーマガジンは純正トリガーユニットの形状から画像の深さまでしかストック内にセットできません。
ダミーマガジンは後部面の突起部分を削り落とす加工だけ。中身は抜いてあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
梅雨の晴れ間を利用して下塗り塗装を。
ストック、最終的にいつものオリーブドラブで後日塗装します。


トリガーガード取り付け加工はこれから。
・・・・・
ストック下面、加工前▼

ストック下面とガード部分ほかの仕上げ加工前▼

ダミーマガジンは固定ではなく脱着できます。
・・・・・
トリガーガード部分のストック底の厚みは3mmを確保できました。


トリガーガード後方の連結固定用ねじ、沈頭仕様に加工前。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サドルピースが納まるストック後方上面の凹部分の前後斜め面と上面の一部、中央部を除いてクローズド加工完了。
ストック内側には油粘土が詰まっています。

トリガーガードのガード部分の試作型板を仮付けしてみました。▼

サドルピースの底面、まだ部分的に凸凹しているので平滑加工し直し中。

見本


比較用
2号機

3号機
  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 11:11Comments(0)

2018年06月19日

ASG ManeMillian Sportline M40A3改 4号機 その7


ガードのライン形状の見直しが必要。
ガードの高さをちょい増し、後部のガードの角度をちょい立て気味に・・・?
・・・▼・・・
マルイM40A5用トリガーガードのライン形状の場合だとこんな感じになります。


目標は

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダミーマガジン、ちょっとやそっとでは切断加工ができそうもないので計画変更。
スチールプレス製のマガジン、硬過ぎ。

画像のトリガーガード、ガード前部の位置をダミーマガジンの後ろ端までになるようガードの中央部分をちょっとばかり延長したタイプにします。
  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 00:26Comments(0)

2018年06月18日

ASG ManeMillian Sportline M40A3改 4号機 その6


【ダミーマガジンセット用の開口部開削作業】
ダミーマガジンのサイズ、後ろ幅26mm、前幅22mm、前後長93mm。
○左右前後のラインを金ノコを使って切り込みを入れます。
○横のラインはストックを左右に分離後に金ノコを使って切り込みを入れるとストック下面の不要部分が切り離されます。

・・・・・・

ストックに本体を載せてトリガーユニットの位置を確認。
ダミーマガジンの高さは予定より高めに変更します。(2号機と3号機の中間の高さのマガジンに)
ダミーマガジン後部がトリガーユニットの下部前部に干渉しないよう部分的に切断整形します。

トリガーユニットの底面とストック下面の厚みが部分的にかなり薄くなるので金属パテにてストック内側底部分を補強。
トリガー基部の前部も一部削って整形します。

○ストックとレシーバー後部を連結固定するための六角穴付きねじを仮セットし、ピラーを製作します。
○ピラーは左ストック側に金属パテで固定。
・・・・・・
左右のストックを接合後に充填できる部分を除いて左右のストックの隙間に油粘土を充填していきます。

○ウェイト材を後方へ移設固定。(サドルピース支柱板挿し込み用フレームスペース確保のため)
○左側ストックの隙間埋めに使った油粘土約500g。
右側ストックも同様に油粘土を充填します。
サドルピース支柱板用のインナーフレーム埋め込みスペースを余裕をもたせて空けてそれ以外は油粘土を充填。
油粘土約500g×ストック左右+サドルピース充填150g=1,150g。

ストック下面のトリガーガード基部への金属パテによる補強はこれから。
○ストック前部下面のスイベルスタッドねじ込み固定のためストック内側の底を左ストックのみ金属パテで補強。

○レシーバー前部とストックを連結固定するための固定用ねじスペーサー(抜け止め構造)をストック側に接着固定。
マガジンキャッチブロックもストック側に接着固定。
・・・・・・
ストックを仮組み。

トリガーガード後部の固定用ねじ部からダミーマガジン挿入開口部の後ろ端までストック下面をフラットに整形加工します。


下段は2号機、4号機も2号機と同じ形状にします。

左右のストックを仮合わせ~!

サドルピースとストックとの接合部分もなんとかそれなりに。

トリガーの根元の前部角っこを削って目ただなくします。

トリガーの根元から後方に向け、トリガーユニット底面との隙間はあるのでトリガー根元前方のストック下面のラインとほほ水平になるようストック底面を削って整形を行います。

レシーバーとストックとの連結用固定ねじ、まだストック下面のねじ穴部分の加工をやっていないのでちょい長めの六角穴付きねじをセット中。
・・・・・・

○ストック側面にフラッシュマウントベースもどき(ハトメ)固定用の下穴を開け(前後2箇所)フラッシュマウントベースもどき(ハトメ)を接着固定。
○ストック前部下面のフラッシュマウントベースもどき(ハトメ)固定用の下穴を開けてフラッシュマウントベースもどき(ハトメ)を左側だけ接着固定。
○ストック後部下面のフラッシュマウントベースもどきの筒を埋め込み左ストック側だけ接着固定。

右側と左側で微妙にフラッシュマウントベースもどきの固定位置がズレてました。 


ストック前部下面のスイベルスタッドは左ストックに片側半分だけ接着固定+内側を金属パテにて補強固定。
片もちながら左右ストックを合体させバイポットを装着してもガタつき無し。
・・・・・・

ストック下面、トリガーの付け根前部からダミーマガジン挿入用開口部後ろ端までの間のフラット加工中。
ストック底面の厚み1mm。


トリガー付根の前部、削るのは黄色部分。

ストック下面、トリガーガードの基部が仕上がったらガードの新造。
~~~~~~~~~~~~~
見本

  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 11:19Comments(0)

2018年06月17日

サドルピース化の加工精度


上段がASG McMillian Sportline M40A3改 4号機
手前がASG McMillian Sportline M40A3改 3号機
・・・・・

マルイM40A5  


Posted by 隠居親父 hirosightjp at 13:16Comments(0)